陰部の黒ずみを消す方法|効果的にアソコの黒ずみを薄くする対策まとめ

黒ずみ対策
肌は刺激や紫外線によりメラニン色素を作り出していきます。

メラニン色素こそ、黒ずみの原因となるものです。

肌の奥まで浸透してしまうため、一度黒ずんでしまうと、中々取り除くことはできません。

しかし、日頃から黒ずみを作らないために出来ることや、増やさないための対策もたくさんあります。

始めから全てを行うのは無理でも、何か一つ始めてみるだけで肌への負担は変わってきます。

対策1.服や下着は、締め付け過ぎないものを選ぶ

締め付けの強い下着や服は、どうしても肌に負担をかけてしまいます。

細く見える効果があるものもあるので、特別な日にのみ着用するようにしてください。

普段着用するのであれば、縫い目のないシームレスタイプのものや、シルク、コットン製の肌に優しいものを選ぶことをおすすめします。

頬の赤みを消す方法とは

対策2.生理用品にも気を配る

生理中にかぶれて痒みが出てしまうと肌に触れる機会も多くなり、刺激からメラミンが沈着してしまいます。

長時間の生理用品着用による蒸れや乾燥肌の摩擦による刺激が原因です。

まずは市販薬を使用し改善されないのであれば、婦人科を受診してください。

外出先では、洗浄綿や、ウェットティッシュで優しく拭き取ることも効果的です。

刺激の少ないノンアルコールタイプのものを選ぶようにしてください。

対策3.自己流のアンダーヘア処理はしないこと

つい気になってしまい、毛抜きやカミソリで処理をしてしまうことが多いですが肌に大きな負担をかけてしまいます。

サロンやクリニックへ行くのが恥ずかしい場合は、電気シェーバーを使用し肌の保湿を心がけるようにしてください。

対策4.トイレの後は優しく拭く

トイレットペーパーは、軟らかく肌に優しいものを使用してください。

拭く時は、水分をペーパーに吸わせるために、軽く押し当てるようにするだけで充分です。

強く吹いてしまうと、その分肌へダメージを与えてしまいメラニン色素が沈着してしまいます。

対策5.お風呂で洗う時も優しく

最近では、デリケートゾーン用の石鹸も多数販売されています。

チューブタイプのものであれば、10円玉程度の量を手に取りしっかり泡立てた後、指先の部分で優しく洗うようにしてください。

固形石鹸は、使用後にしっかり乾かしておきましょう。

水分が多いままでは雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

デリケートゾーンを洗った後は、ぬるま湯で洗い流すことで必要な肌の油分を残すことができます。

乾燥は、黒ずみの原因になります。洗いすぎないようにしてください。

対策6.お風呂の温度はぬるま湯で

ぬるま湯は、その人の基礎体温によって変動します。

基礎体温から+2~3℃だと覚えておいてください。36℃が日頃の体温だとすれば38~39℃程度がぬるま湯です。

肌を健康に保つためには皮脂もある程度残しておく必要があり、熱いお湯は皮脂を全て流してしまいます。

冬に肌寒く感じる場合は40℃までに留め、その分長く入るようにしてください。

対策7.たんぱく質、ビタミンCは積極的に摂取

たんぱく質は細胞の元になりビタミンCはメラミンの生成を抑えてくれます。

たんぱく質の1日の摂取基準量は、成人男性60g、成人女性50gです。

納豆や卵、皮付き鶏むね肉に多く含まれていますので、おすすめです。

1日のビタミンCの摂取基準量は100mgとされ、過度に摂取しても排泄と一緒に流れてしまいます。

赤ピーマンや黄ピーマン、ゆずの皮やレモンに多く含まれています。
毎日摂取するのに難しい場合は、ビタミンCを補えるサプリメントもおすすめです。

対策8.睡眠時間を確保すること

肌は表皮、真皮、皮下組織の層になっており、ある程度の期間で新しく生まれ変わります。

新しく生まれ変わることを「ターンオーバー」と呼びます。

寝ている間に生成、成長、排出を繰り返し、黒ずみも、解消してくれます。

睡眠不足は、肌のターンオーバーを阻害し肌あれの原因にもなります。

昼間に眠気を感じるようであれば、睡眠時間が足りていないことになります。

自分に合った睡眠時間を模索してみると良いでしょう。

対策9.ホルモンバランスを崩さない

無理なダイエットや、ストレスを抱えてしまうとホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンは、脳から指令が送られることで卵巣から分泌され、新陳代謝を促進させます。

肌のターンオーバーを活発にするためにも、ホルモンは重要な役割があると言えます。

ホルモンを整えるためには、大豆や豆乳に含まれるイソフラボンがおすすめです。

また、睡眠前にストレッチを行うことで基礎代謝も上がり、心地よい睡眠へと誘ってくれます。

ストレスを抱え込まないためには可能であれば1日30分程度、自分の時間をもつようにしてください。

その他にも、睡眠時にヒーリング音楽を活用するのも良いでしょう。

対策10.皮膚科やサロンで相談する

黒ずみ対策に、2~3ヶ月程度の短期間で治療したい方は、皮膚科やサロンに行くことをおすすめします。

皮膚科やサロンでは、対策のプロの方がいらっしゃいます。

その人にあった対処法やクリームなども相談しながら使用することもできます。

黒ずみに対する施術は、場所によりますが約1万円から可能でクリームは2,000円程度から始めることができます。

黒ずみ対策の皮膚科診療は、保険適用外です。


陰部の黒ずみを消す方法|効果的にアソコの黒ずみを薄くする対策まとめ

ページトップボタン